委員会活動

戦略計画委員会

活動方針

「すべてに感謝、広げよう強い絆と奉仕の輪」を受け、ロータリークラブの単年度主義を補完し長期的意見を入れ、創立70周年に向けて戦略計画を企画、立案する。

活動計画

  1. 委員会を開催し、継続目標を決め、次年度以降に提案する。
  2. 会員アンケートを実施し、会員の意識調査を行う。
  3. アンケート調査を基に委員会の評価・分析を行う。
  4. 中期戦略計画(創立70周年に向けて)を策定する。
委員長 水村京二
委員 神戸涼次*
委員 高橋邦名*
委員 松本啓祐*
委員 島村崇史*
委員 大蔵健司*
委員 土屋隆*
委員 髙木順一*
委員 小俣学*

*印は兼務委員

会員管理委員会

活動方針

クラブの方針に則り、絆と奉仕の輪を皆で理解するように取り組んでいきます。

活動計画

  1. 会員増強・維持委員会並びに出席委員会の運営をサポートし、組織の成長・発展を図る。
委員長 川名法人

会員増強・維持員会

活動計画

  1. 新入会員の入会目標を10名以上とする。
  2. 増強委員会の定期的開催により、新会員見込者名簿の作成を行い、具体的に新会員見込者を明確にして取り組む。
  3. 全会員より情報を集め、新会員見込者名簿を成長させながら、将来、会員数123名へ向けた増強モデルを作り上げたい。
  4. 新入会員が入会後も楽しく例会に参加できるように、フォローしていく。

 

委員長 髙木順一
副委員長 高橋邦名*
委員 小俣学*
委員 水村京二*
委員 天野照仁*
委員 荻島孝之
委員 堤吉久*
委員 田中康之*
委員 鈴木善行*
委員 田中義照*
委員 橋本圭司*
特別委員 青木訓行
特別委員 石原義之

*印は兼務委員

出席委員会

活動方針

コロナウイルス感染下においても、感染防止に努めつつ、例会の出席を督励する。

活動計画

  1. 出席報告を利用し、ロータリークラブの楽しさを会員にお話する。
  2. 100%出席例会を挙行する。
委員長 天野照仁
副委員長 豊泉皖嗣
委員 平明道*
委員 中村千晶
委員 松本典久*

クラブ広報委員会

活動方針

2021-22年度小星会長の所信を受け、会長の目指す「すべてに感謝、広げよう強い絆と奉仕の輪」を実現すべく、クラブ広報委員会としてサポートできることを全力で行って参ります。
そして今年度も継続して、地域社会に対し東京八王子ロータリークラブの様々な活動の情報発信とイメージ向上が図れる様な広報活動を行うとともに、各委員会との協力と連携を密にして、迅速かつ的確な情報発信を心がけます。

活動計画

  1. 「すべてに感謝、広げよう強い絆と奉仕の輪」を実現出来るよう、広報活動で積極的に協力する。
  2. 奉仕活動およびその他の外部が注目するようなプログラムが実施されるときは、他クラブをはじめとする関係者に広報するとともに、インターネットを利用して広く一般に広報活動が出来るよう努める。
  3. 例会の記録として会報の充実をはかり、毎回読みやすい会報が発行出来るよう、委員会担当者全員で協力して作成を行う。
  4. 例会や委員会を通じ、会員に対してロータリー情報を提供する。
委員長 島村崇史

ロータリー情報研修委員会

活動計画

  1. ロータリーの情報を知って頂きロータリアンとしての誇りとクラブの活動への愛情を持って頂くため、また当クラブにふさわしいロータリーの情報を身につけて頂くための情報提供・研修を行う。
  2. ロータリー情報をダイレクトに取得できるMy ROTARYのへの登録を会員に促し、登録率向上をめざす。
  3. 会員候補者へのロータリー情報の提供。
  4. 新入会員及び在籍年数の短い会員へのオリエンテーション、情報提供を行う。
委員長 大蔵健司
副委員長 小林健護
委員 松本啓祐
委員 堤吉久
委員 右田敦之*
委員 酒井雅弘*

広報・IT委員会

活動計画

  1. クラブのホームページに例会情報を掲載し、そのほかのページも充実させてクラブ内外に情報の発信をおこなう。
  2. クラブ広報委員会のFacebookアカウントをホームページと連携をはかり、有効活用して内外に情報の発信をおこなう。
  3. 例会当日、例会案内をホテル玄関に掲示しホテルに来られた方にもロータリー活動を広報する。
  4. My ROTARY へのメンバー登録を推進、地区ロータリーアプリの活用を促し、RI、各地区におけるロータリー活動についてメンバー間での情報共有を図る。
  5. Zoomを活用し、コロナ禍でも安全に円滑に例会を開催できるようサポートする。
委員長 木村充
委員 島村崇史*
委員 小俣学

*印は兼務委員

会報委員会

活動計画

  1. クラブテーマを受け当クラブの地域認知度が上がるような会報作成に努める。
  2. 他の委員会と協力しYouTubeやWeb配信などSNSを活用した一般公開にチャレンジする。
  3. 委員会及び会報担当者の親睦を深め、より良い会報作成に努める。
委員長 中村直樹(関)
委員 田宮弘樹
委員 河内成利
委員 宮原康行
委員 石原義之
委員 小林健護*

*印は兼務委員

クラブ運営委員会

活動方針

本年度の活動テーマである「すべてに感謝、広げよう強い絆と奉仕の輪」を受けて親睦と絆の醸成を進めるため会員相互の理解を深める機会を増やす。

活動計画

  1. 会員相互の及びロータリーの理解を深めるため、会員卓話や新旧会員相互の会話の機会を増やすとともに、ジェネレーションによる格差を避けるため、従来の伝統や格式を重んじながらも、会員経験の浅い人にやや傾注した例会の企画を推進する。
  2. 各例会及びクラブ活動においては、新型コロナへの感染に注意しつつ、クラブ運営委員が積極的に前に出て、参加者にその行事を楽しんで頂くよう心がける。
委員長 井上輝久

親睦委員会

活動計画

  1. 会員相互の理解と親睦を深められる機会を増やし、楽しい意義のあるクラブづくりを推進する。
  2. 親睦旅行や夜間例会及び特別例会等に、会員並びにご家族の方々が多数参加していただける楽しい例会を企画する。
  3. 他委員会と連携し新入会員をサポートする。
  4. 趣味をテーマにした同好会づくりに努める。
  5. お客様及び来訪者がいらっしゃる場合は、接待係を配置する。
委員長 井上輝久
副委員長 田中康之
委員 大用増造
委員 豊泉皖嗣*
委員 斎田允
委員 山本彰
委員 師岡栄一
委員 小河原利明
委員 樫﨑亮一
委員 鈴木善行
委員 栗崎竜夫
委員 飯田達能
委員 宮原康行*
委員 石原義之*

プログラム委員会

活動計画

本年度小星会長のクラブテーマ「すべてに感謝、広げよう強い絆と奉仕の輪」を受けて

  1. 出席率を重視した例会、そして出席したくなる例会を目指す。
    会員増強・拡大が急務であるため新入会員が打ち解けやすい例会を目指しながら、楽しい例会はもちろん、昨年度好評だったロータリー用語を分かりやすく解説するコーナーを設ける。また、テーマに温故知新を挙げ、レジェンドの方からご意見を賜り、そこから新たな発想でロータリー活動を展開する一助とする。
  2. 卓話講師は、昨年度好評を博した諸先輩の皆様の豊富な知識、経験をご披露いただく場を設け、経験の浅い方にもご自分の事業、ロータリークラブの活動、考え方等ご披露いただける場を作る。
  3. 友人を幅広く得るために、例会の席分けを各テーブル若い方・年長の方をバランスよく配置し、会員間の雑談を増やす工夫をする。
委員長 小阪弘
副委員長 中村直樹(日)*
委員 右田敦之

奉仕プロジェクト委員会

活動方針

全ての奉仕分野について、ロータリアンとしての見識を深められるよう情報や奉仕の機会を提供する。

活動計画

  1. 「青少年のための社会貢献教育」事業であるSLPも4年目を迎え、ロータリアンの関与を増やし同時に可搬性を高めるべく、担当委員会と協力する。
  2. SLPは社会奉仕事業であると同時に、国際奉仕、青少年奉仕という側面も備える。奉仕分野、およびSDGsの見聞を深める良い機会でもあるので、会員全員の参加を求める。
  3. 委員長による卓話を実現する。
委員長 小坂優

職業奉仕委員会

活動計画

  1. 勉強会、卓話などによりロータリーにおける「職業奉仕」の理解を深める。
  2. クラブの社会奉仕活動に協力する。
委員長 土屋隆
副委員長 青木訓行*
委員 小坂優*

社会奉仕委員会

活動計画

  1. 「青少年奉仕教育事業」であるソーシャル・リーダーシップ・プログラムを実施する。
  2. U16プログラミングコンテストの活動についての支援を行う。
委員長 平野誠
副委員長 小坂優*
委員 川名法人*
委員 堀博昭
委員 山本彰*
委員 小河原利明*
委員 佐藤貞幸
委員 師岡栄一*
委員 樫﨑亮一*
委員 木村充*
委員 栗崎竜夫*
委員 酒井雅弘*

国際奉仕委員会

活動計画

  1. SDGs 17項目のうち、クラブとしてふさわしい活動目標を設定推進する。
  2. 会員一人ひとりがSDGsを意識し行動する。
委員長 滝島克明
副委員長 守屋清美
委員 師岡栄一*
委員 右田徹
委員 平明道
委員 天野照仁*

新世代奉仕委員会

活動計画

  1. 米山奨学生への支援。
  2. ソーシャル・リーダーシップ・プログラムの推進と今後の課題。
  3. U16プログラミングコンテストの検討企画。
  4. SDGs課題への取り組み検討。
委員長 青木訓行
委員 栗崎竜夫*
委員 中村直樹(関)*
委員 土屋勝
委員 小野忠男
委員 東山淳
委員 中村忠雄
委員 小野雄介
委員 田中義照

ロータリー財団委員会

活動方針

ロータリー財団の使命を会員に理解して頂くための情報提供と募金活動を行う。

活動計画

  1. ロータリー財団に関する情報提供を行う。特に11月のロータリー財団月間には卓話や勉強会を開催する。
  2. 財団への寄付の推進を行う。
  3. グローバル補助金制度の情報提供と機会があれば支援を行う。
委員長 神戸涼次

米山奨学委員会

活動方針

米山奨学記念事業の意義を確認し、奨学基金への理解と協力を推進し、外国人留学生を支援し、国際理解と親善に寄与する。

活動計画

  1. 米山記念奨学制度の理解と知識の向上を図る。
  2. 米山記念奨学特別寄付金の確保に努める。
  3. 米山奨学生との交流を通じて親睦と国際理解を深める。
委員長 高橋邦名

会場監督

活動方針

伝統あるクラブにふさわしい例会の運営に努める。

活動計画

  1. 関係委員と密に連携をとり、準備を整えて実りのある例会になるよう努める。
  2. 会員同士が互いを称え合い気安く話しかけられるような例会を目指す。
  3. 例会でのビジター、来賓、卓話講師への気配り、時間配分を怠りなく行う。
  4. 例会がいつも明るく楽しい雰囲気になるように互いに努力する。
正会場監督 平塚茂樹
副会場監督 中村直樹(日)
副会場監督 橋本圭司
副会場監督 守屋清美*
副会場監督 林巌
副会場監督 太刀川雅弘

活動内容



その他


リンク



ページ上部へ戻る