委員会活動

戦略計画委員会

活動方針

ロータリークラブは単年度で活動することが基本であるが、単年度の活動と並行して永続(継続)的に活動すべき社会奉仕活動、また会員維持増強活動の方針目標等の指針となる戦略計画を検討・立案する。

活動計画

  1. 委員会を開催して、継続目標を提案し地区に報告する。
  2. 昨年度行った会員対象のアンケートを参考に、クラブの現状把握及び今後の戦略計画の作成を行う。
委員長 水村京二
副委員長 高橋邦名*
委員 髙木順一*
委員 神戸涼次*
委員 小星重治*
委員 平塚茂樹*
委員 師岡栄一*
委員 島村崇史*

*印は他の委員会との兼務

会員管理委員会

活動方針

クラブ活動を通じて「友情」を深め奉仕の輪を広げようを理解し、円滑な運営をお互いに図る為、会員全員の協力の基に会員増強並びに退会防止に全力で取り組み目標数字の結果が出せる活動を進める。

活動計画

  1. 新入会員の入会を促進する(目標10名)。
  2. 増強委員会を定期的に行い4半期目標、年間目標を達成する。
  3. 会員からの増強リストの活用を最大限行い123名を目指す。
委員長 平塚茂樹

会員増強・維持員会

活動計画

  1. 新入会員の入会を促進する(目標10名)。
  2. 入会3年未満の若手会員が活躍する場面( スポンサーになる) を増やす活動を活発に行う。
  3. クラブ活動の協力をする。

 

委員長 平塚茂樹*
副委員長 小俣学
委員 東山淳
委員 中村忠雄
委員 島村崇史*
委員 田中康之*
委員 田宮弘樹*
委員 大嶋勝己*
委員 鈴木善行*
委員 田中義照*
委員 木村充*
委員 栗崎竜夫*
委員 谷藤誠司*
委員 飯田達能*
委員 細川達平*
委員 橋本圭司*
委員 小林健護*
委員 中村直樹+*
委員 守屋清美*
委員 右田敦之*
委員 酒井雅弘*
委員 須藤誠*
委員 林巌*
委員 松本典久*

*印は他の委員会との兼務 
+ 関電工

出席委員会

活動方針

例会出席率向上を通じてクラブの活性化を図る

活動計画

  1. 100%例会を実施します。 
  2. 親子クラブや地区大会へ出席及びメーキャップの奨励
  3. 年間出席率90% 以上を目標とする 
委員長 中村千晶
委員 須佐美康治
委員 平明道
委員 天野照仁
委員 菊池信彦

クラブ広報委員会

活動方針

2019-20 年度大蔵会長の所信を受け、会長の目指す「友情で奉仕の輪を広げよう』を実現すべく、クラブ広報 委員会としてサポートできることを全力で行って参ります。
そして今年度も継続して、地域社会に対し東京八王子ロータリークラブの様々な活動の情報発信とイメージ向 上が図れる様な広報活動を行うとともに、各委員会との協力と連携を密にして、迅速かつ的確な情報発信を心 がけます。

活動計画

  1. 「友情で奉仕の輪を広げよう」を実現出来るよう、広報活動で積極的に協力する。
  2. 奉仕活動およびその他の外部が注目する様なプログラムが実施されるときは、他クラブをはじめとする関係者に広報するとともに、インターネットを利用して広く一般に広報活動が出来るよう務める。
  3. 例会の記録として会報の充実をはかり、毎回読みやすい会報が発行出来るよう、委員会担当者全員で協力して作成を行う。
  4. 例会や委員会を通じ、会員に対してロータリー情報を提供する。
委員長 神戸涼次

ロータリー情報委員会

活動計画

  1. ロータリーの情報をタイムリーに伝える。
  2. 特に今年は新入会員の皆様が大変多いのでオリエンテーションの実施を増やす。
  3. 新入会員候補者への情報を適切に提供する。
  4. クラブ広報委員会と相談をして情報を共有する。
  5. 情報を提供する作業よりも受ける事も重視する。
委員長 川名法人
委員 滝島克明
委員 松本啓祐
委員 堀博昭

広報・IT委員会

活動計画

  1. 「友情で奉仕の輪を広げよう」を実現出来るよう、広報IT活動で積極的に協力する。
  2. ホームページ・フェイスブックの充実に気を配り、タイムリーな情報発信・メンバー間の情報共有に心がける。
  3. 卓話聴講やメークアップ希望の他クラブの方々が例会参加しやすい様、例会の案内をホームページに掲載するとともに、当日はホテル玄関に例会案内を掲示する事を例会毎に欠かさず行う。
  4. MY Rotaryへの登録促進、地区ロータリーアプリの活用を促し、RI・各地区におけるロータリー活動について、メンバー間での情報共有を図る。
委員長 神戸涼次*
委員 木村充*

*印は他の委員会との兼務

会報委員会

活動計画

  1. クラブテーマを受け今年も読みやすく暖かみのある会報作成を目指す。
  2. 委員会及び会報担当者の親睦を深めより善い会報作成に努める。
委員長 谷藤誠司
副委員長 木村充
委員 田宮弘樹
委員 中村直樹+
委員 細川達平
委員 酒井雅弘

+ 関電工

クラブ運営委員会

活動方針

本年度の会長テーマ“ 友情で奉仕の輪を広げよう” を受けて、魅力ある例会を企画し、楽しいロータリーライフを目指す。

活動計画

  1. 会員相互の親睦を深め、明るく楽しいクラブ運営を推進する。
  2. 会員がロータリー活動に誇りが持てる、格調あるクラブ運営や例会企画を目指す。
  3. 家族も出席したくなる夜間例会、移動例会、親睦旅行を企画、運営する。
委員長 師岡栄一

親睦委員会

活動計画

  1. 会員相互の親睦を深め、明るく楽しくさわやかなクラブライフを推進する。
  2. 夜間例会、移動例会、親睦旅行等に多くの会員並びにご家族の皆様方が参加出来る企画をする。
  3. 新入会員には早くクラブの良さを知って頂く様、親睦委員がサポートし、各会員と友情を深める。
  4. 関連委員会と連携をはかり。「明るく・楽しい」例会の時間を過ごせる雰囲気づくりをする。
委員長 師岡栄一*
副委員長 小林健護
委員 大用増造
委員 豊泉皖嗣
委員 斎田允
委員 加藤栄一
委員 佐藤貞幸
委員 小野雄介
委員 樫﨑亮一
委員 田中康之
委員 田中義照
委員 鈴木善行
委員 飯田達能
委員 橋本圭司
委員 守屋清美
委員 須藤誠
委員 林巌

*印は他の委員会との兼務

プログラム委員会

活動計画

  1. 令和元年である2019 - 2020 年度は、大蔵会長のテーマである「友情で奉仕の輪を広げよう」の元に、最近入会した会員、さらに増える会員がスピーディーにロータリーの基礎知識向上の機会を増やす。
  2. 第一例会は、新会員の教育も含めロータリー活動の基礎、ロータリー用語の解説、そしてロータリーのカスタム等について会長に講演頂く。
  3. 自分たちが住んでいる「八王子をもっと知る」ための手段として、政治、経済、文化、教育、福祉、医療、インフラ、安全、観光、まつり、そして芸能等について、現状と今後を講演願う。
  4. 会員からの卓話講師を募り、会員の日ごろの活動や体験を公開願い、会長のテーマに沿ったクラブ活動を推進する。
委員長 井上輝久
副委員長 小阪弘
委員 荻島孝之
委員 青木訓行

奉仕プロジェクト委員会

活動方針

奉仕プロジェクト委員会に属する各奉仕プロジェクト委員会が個々に意義のある活動ができるように環境を整える。原則として各奉仕分野の計画と実施は、各奉仕プロジェクト委員会に一任するが、なるべく複数の奉仕プロジェクトが共同参画できる活動ができるよう必要に応じてコーディネイトしたい。

活動計画

  1. 5 大奉仕それぞれの意味についての理解を広める。
  2. 奉仕プロジェクト委員会間の情報共有。
委員長 小坂優

職業奉仕委員会

活動方針

「職業奉仕」はロータリークラブの最も重要な理念であるとの信念のもと、その理解と実践を促進する。
職業奉仕、ロータリークラブのあり方や理想のロータリアン像など、ロータリアンの本質に関わる議論はロータリーライフの醍醐味であるので、できるだけ多くの会員が議論に参加できる機会を設ける。

活動計画

  1. クラブセミナー、炉辺あるいは小規模な勉強会を積極的に開催し、議論を通じて職業奉仕についての理解を深める。
  2. 職業奉仕月間にあわせて地区職業奉仕委員会による卓話を実施する。
委員長 小坂優*
副委員長 山本彰
委員 内田栄
委員 小俣学

*印は他の委員会との兼務

社会奉仕委員会

活動計画

  1. 60周年記念事業として行われた「青少年奉仕教育事業」ソーシャル・リーダーシップ・プログラムをさらに推し進める。 
  2. ロータリー・デー事業の開催に協力する。
  3. 八王子環境フェスティバルに参加する。
  4. その他、社会奉仕事業の実施を検討する。
委員長 番場弘文
副委員長 大嶋勝己
委員 堤吉久

国際奉仕委員会

活動計画

  1. 新たな国際奉仕活動を検討する。
  2. 海外クラブとの交流を促進し、国際平和に貢献する。
  3. ホノルル世界大会への参加を企画する。
委員長 土屋隆
委員 髙木順一

新世代奉仕委員会

活動計画

  1. ローターアクトのメンバーとの交流を持ち、次世代のロータリアンに繋げる支援活動を行う。
委員長 小河原利明
委員 土屋勝
委員 田中祥皖
委員 右田徹
委員 杉本當正
委員 小野忠男

ロータリー財団委員会

活動方針

ロータリー財団の使命を十分に理解し、会員への啓蒙を進めることにより会員の認識を高めると共に、クラブとして共通認識に立った実践を行っていく。

活動計画

  1. クラブの会員メンバーが、ロータリー財団の活動に賛同していただけるように、ロータリー財団の卓話(特にポリオプラス)等を通してクラブ内の広報活動に努める。
  2. ロータリー補助金(地区補助金、グローバル補助金)の仕組みを理解し、全会員の寄付への認識を高め、全会員の協力を得て推進する。
  3. クラブ内の奉仕プロジェクトをサポートし補助金を有効に使用できる提案と支援を行う。
委員長 高橋邦名

米山奨学委員会

活動方針

米山奨学記念事業の意義を確認し、奨学基金への理解と協力を推進して外国人留学生を支援し、国際理解と親善に寄与する。

活動計画

  1. 米山記念奨学制度の理解と知識の向上を図る。
  2. 米山記念奨学特別寄付金の確保に努める。
  3. 米山奨学生との交流を通じて親睦と国際理解を深める。
委員長 宮原隆夫

会場監督

活動方針

当クラブの気品と風紀が守られ、歴史と伝統を承継し秩序ある例会進行を行い、明るく和やかで有意義な時間となる様に努める。

活動計画

  1. 時間を大切に秩序正しく、品位あり参加価値のある例会の運営に努める。
  2. 来賓、ビジター、卓話講師への気配り配慮を怠りなく行い、当クラブの例会に出席いただいたことが価値ある時間になるよう努める。
  3. 会員相互が理解を深める場を提供できるように努める。
正会場監督 島村崇史
副会場監督 挾間義浩
副会場監督 栗崎竜夫
副会場監督 右田敦之
副会場監督 松本典久

活動内容



その他



リンク



ページ上部へ戻る