会長挨拶

2018-19年度 東京八王子ロータリークラブ会長
高橋 邦名
メーカー人事部門を経て、平成3年多摩労務管理事務所代表。
平成13 年(株)事業経営指導協会を設立し、代表取締役就任
平成20 年(株)高橋賃金システム研究所へ社名変更。
平成27 年(株)高橋給与計算センターを設立、代表取締役就任、現在CEO

■ロータリー歴■
1996 年7 月 東京八王子ロータリークラブ入会(ロータリー歴22 年) / 2011-12 年度 理事・プログラム委員長
2012-13 年度 理事・副幹事および幹事 / 2013-14 年度 役員・会計/2014-15 年度 理事・職業奉仕担当リーダー
2015-16 年度 理事・プログラム委員長 / 2016-17 年度 役員・幹事/2017-18 年度 役員・副会長 /ポールハリスフェロー

2018-19年度クラブテーマ
クラブの活動を通して『友情』を深めよう!

 インスピレーションになろうというRI ラシン会長および服部ガバナーの躍動感ある方針を受け、当クラブも創立60 周年という歴史的な節目の年、歴史と伝統ある東京八王子ロータリークラブ第60 代の会長を努めさせていただくこととなり、身が引き締まる思いです。
 その会長としての役割は、創立60 周年を全クラブメンバーの総力を結集し、記念事業と記念行事を成功させるため、周年事業を中心とした例会やクラブ活動となるようあらゆる工夫をし、メンバーのロータリーライフが充実した有意義な時間となるよう運営してまいります。
 更に、60周年記念事業を進める中で、本年度のクラブテーマ、会長方針を「クラブの活動を通して、『友情』を深めよう!」とし、クラブの諸行事を活発化し、交流を深め、一人一人が八王子ロータリークラブのメンバーで本当に良かったと思えるような運営を進めてまいります。その思いを込め、本年度のクラブテーマを次の六つの柱として立てます。

① 創立60 周年記念式典・記念事業に総力を結集し成功させる。
② 社会奉仕活動を通して、クラブメンバー間の『さらなる友情を深める』。
③ 社会に見える形の奉仕活動を進めクラブの認知度を高めていく。
④ メンバーの充実感が得られる社会奉仕活動を継続的に実施する。
⑤ 東京八王子ロータリークラブの最終的な会員目標数123 名とし、
 これを目指して会員増強活動を充実させ、本年度は10 名の新入会を実現する。
⑥ 戦略計画委員会を充実し、長期計画に基づいた運営をすすめる。

 創立60 周年の記念事業については、既に実行委員会もスタートし、記念式典・記念事業・記念誌の各委員会が立ち上がり成功へ向けて動き出しておりますが、全活動全組織がこの周年事業にベクトルを合わせ、呼応して活動し、全員で記念事業、記念行事を成功させることとし、この活動を通じ 会員相互だけでなく家族を含めた一体感ある活動で『さらなるメンバー間の友情を深める』こととします。
 会員増強については、当クラブの最大メンバーの目標人数を123 名とおき、今年度10 名の増強を進めてまいります。
 戦略計画については、新たに組織表に委員会を設け、継続的な目標設定を検討し、長期的な取り組みができるよう体制作りを図ってまいります。
 本年度のRIテーマは「インスピレーションになろう」です。この意味は、『変化を生み出すためにもっと何かをしよう、力を発揮しようという意欲を相手の心に起こされる存在になること』とのことです。
 東京八王子ロータリークラブも メンバー間でも 外に向けても 『感動を与えあえるインスピレーションになれるよう』一年間活発に活動し頑張ってまいりましょう。

活動内容



その他



リンク



ページ上部へ戻る